Richard Koshimizu (リチャード・コシミズ) 関連リンク

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ブログランキング

  • 人気ブログランキングへ
無料ブログはココログ

« 金融ユダヤ人と電通に統制された下衆マスコミの懲りない「小沢一郎ネガキャン」~小沢一郎夫人が支援者に「離婚しました」 | トップページ | richardkoshimizu's blogより転載 ~ 生活保護費不正受給と受給者の宗教の関係を明らかにせよ »

2012年6月19日 (火)

「オウム残党」「アレフ」の「増殖」=統一教会奴隷・創価学会奴隷が送り込まれているということ

オウム真理教=統一教会+創価学会+北朝鮮 です。

そして、統一教会は、ヤドカリカルトであり、他のカルトに幹部や信者を送り込んで、実権を握らせ、乗っ取るという手口で「隠れ蓑」や「テロ犯人役」を確保します。オウム真理教最高幹部の早川紀代秀は統一教会信者でありましたし、素性を隠してダミーサークル等を使って一般人を拐わして信者にするという手口も、統一教会のお家芸です。

オウム残党に、「麻原奪還テロ」などの新たなテロ、またはそれを皮切りにした「オウム事件本番」、「第二オウム事件」を惹起しようとすれば、「テロの犯人役」を彼らに担わせ、「真犯人」「本当の実行犯」である統一教会、創価学会、北朝鮮、そしてCIAは、追及を免れるという手口を用いるでしょう。

金融ユダヤ人は、日中戦争を待望しており、その日中戦争に繋がる導火線として、「オウム事件本番」などのテロおよび北朝鮮の韓国への南進を実現させようと企んでいます。

「オウム残党」の「増殖」というのは、その兆しではないかと考えます。警戒的監視的観察が必要です。

ニュース1
「オウム残党」ますます増殖 「事件を知らない世代」が入信

J-CASTニュース 6月18日(月)20時22分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120618-00000008-jct-soci
 オウム真理教の事件で逮捕された高橋克也容疑者(54)が、教団の本を所持するなど、未だにマインドコントロールが解けていないことが分かった。教団主流派「アレフ」も信者が激増しており、関係者は事態を危惧している。
  「逮捕されたのはカルマ(業)というやつだ」
 高橋容疑者は、警視庁の調べにこう教団の言葉を使ったという。読売新聞が2012年6月18日に報じたものだ。

■異常なまでのマインドコントロール
 報道によると、逃走に使ったキャリーバッグからは、教祖の写真や10冊以上の教団本、説法テープまで見つかった。さらに、留置場で教団の修行である蓮華座を組み、マントラのような言葉をつぶやいているというのだ。
 調べに対し、高橋容疑者は、「今でも教祖を信じている」と明かし、事件のことについて話すことを拒んでいる。
 背景には、教団の異常なまでのマインドコントロールがあるようだ。
 18日放送のTBS系「朝ズバッ!」によると、立正大学心理学部の西田公昭教授らが、そのカラクリを次のように明かした。
 まず教団は、ヨガ教室を装うなどして、サークル感覚で勧誘する。そして、教義に関心を持つように仕向け、立ったり座ったりの修行を体験させる。次に、説法ビデオを流した暗闇の個室に監禁して生活させ、自分のことを考えられないようにする。教義に疑問を持てば、薬物や電気ショックを与えて心を支配してしまうという。
 西田教授は、このやり方を「恐怖心を利用する悪質なもの」だとし、高橋容疑者が未だに信じているのもそのためではないかと推測した。
 オウム事件では、林泰男死刑囚が逮捕後も瞑想や断食をしたり、北村浩一受刑者が4年経っても教組を信じていると明かしたりしている。西田教授は、高橋容疑者にとっては、17年間もの逃亡そのものが修行だったのではないかとも言っている。

■江川紹子さん、事件再発を懸念
 オウム真理教からは、「アレフ」と、上祐史浩氏(49)の「ひかりの輪」が分派しており、ともに事件当時の幹部が牛耳っているとされる。
 公安調査庁の調べで、2派は、2007年に新しい信者獲得が56人だったのが、11年には213人に増えた。この年は、なんと前年より倍増もしているのだ。その結果、アレフが約1300人、ひかりの輪が約200人にまで信者数が膨れ上がった。
 しかも、入信した6割以上が35歳以下というのだ。前出の「朝ズバッ!」では、地下鉄サリン事件被害対策弁護団事務局長の中村裕二弁護士が、20代以下の若者らは事件そのものを知らないとして、10年後には、この10倍ぐらいの組織になっている可能性があると危惧した。
 2派で、15都道府県に32施設もがあり、各地で反対運動があるなど住民との摩擦が激化している。12年5月30日には、ヨガ教室をかたって金をだまし取ったとして滋賀県警がアレフ信者3人を逮捕する事態にもなった。しかし、アレフは、マスコミの取材を一貫して拒否するなど、事件を反省するそぶりが見られないままだ。
 取材を続けるジャーナリストの江川紹子さんは、ツイッターで6月17日、「だんまりを決め込み、事件への反省のないまま麻原信仰を続け、被害者への賠償も放り出して施設を拡充し、詐欺的勧誘を続けている」とアレフを批判した。そして、「オウムの場合、教祖への帰依(信仰心,忠誠心)と事件への加担は分かちがたく結びついている」と今後への懸念を明かした。
 また、ジャーナリストで参院議員の有田芳生さんは、15日のブログで、当局は2派とも同根と見ているとの見方を示し、「なぜ若者たちがオウム真理教のようなカルト(熱狂集団)に入るのか。地下鉄サリン事件から17年経過しても問題は解決していない」と指摘している。




ニュース2
「アレフ」の若い信者が急増 大学に侵入、教団名を隠し勧誘も

フジテレビ系(FNN) 6月18日(月)19時6分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20120618-00000644-fnn-soci
 オウム真理教の高橋克也容疑者(54)のかばんの中から、松本 智津夫死刑囚(57)と2人で写っている写真が見つかった。いまだ消えないオウムの影。今、若い信者が急増している。
 エレベーターの中で、周囲をきょろきょろと見回し、防犯カメラの場所を確認する男の映像。
 この映像は、逃走中のオウム真理教・高橋克也容疑者をとらえた映像。
12日間の逃走中、高橋容疑者は、JR鶴見駅周辺の個室ビデオ店を何度も利用していたとみられる。
 男性とエレベーターに乗り合わせた際には、顔を見られないようにするためか、終始うつむき加減だった。
 高橋容疑者は「オウムが引き起こした事件については、今も気持ちの整理がつかないので、話せない」と供述しているという。
 逮捕後、高橋容疑者は留置場で、オウムの信者が修行の際に組む「蓮華(れんげ)座」の姿勢で本を読んでいるといい、「オウムの修行を積むと、パワーがみなぎる」と供述しているという。
 捜査員との雑談では、教団の修行について話し、麻原彰晃こと松本 智津夫死刑囚との2ショットの写真やオウム真理教の本も、逃走時に所持していたことが明らかになった。
 オウム事件にくわしい紀藤正樹弁護士は「まだ、松本 智津夫死刑囚に対する個人的な崇拝、帰依の心が根強く残っていると思う」と語った。
 こうした中、松本死刑囚への回帰を強めているというのが、オウム真理教から改名した主流派の「アレフ」で、信者の数は、いまや1,000人を超えるという。
 東京・足立区内にある4~5階建ての白い建物は、アレフの施設になっていて、正面には、人の高さくらいのバリケードのようなものが、一面に張りめぐらされている。
2階の窓には、左右に四角い防犯カメラのようなものがつけられていた。
教団施設内には祭壇もあり、松本死刑囚の写真などが飾られているという。
アレフの施設近くの住民は「カーテン越しに、少しだけ見えるんですけど、麻原(松本死刑囚)の写真があったんです。全然、あのままの状態なんだなという感じがして、ちょっと不安です」と話した。
 アレフは2011年、全国で200人以上の信者を獲得するなど、勧誘活動が活発になってきているという。
 アレフの施設近くの住民は「50人くらい(信者が)いると。30(代)くらいの人とか、若い人もいるよ。20代くらいの人もいるしね」と話した。
 若い世代の信者が増加しているというアレフ。
 大学に侵入し、教団名を隠しての学生の勧誘、さらに、ヨガ教室を装うなどして、信者を獲得しているという。
 都内の大学生は「アレフと関係があるかはわからないですが、ヨガとか体操とか。2~3時間、話を聞かされたって、友達から聞いたことありますね」と話した。
オウム問題にくわしい紀藤正樹弁護士は「問題なのは、今のアレフを突き動かしている実質上の代表者は、松本 智津夫死刑囚の家族なんですね。松本 智津夫死刑囚の家族の指示や意見は絶対」と語った。
信者は、「高橋克也容疑者逮捕について、アレフ教団内では?」との質問に、無言だった。
 逮捕された高橋容疑者は、いつ、一連のオウム事件について語り始めるのか。
事件は、まだ終わっていない。


最終更新:6月18日(月)20時16分



ニュース3
「事件は全く終わっていない」 オウム、閉塞感につけ入り信者増やす

産経新聞 6月18日(月)7時55分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120618-00000089-san-soci
 教祖の写真、著書、説法を録音したテープ…。オウム真理教元信者、高橋克也(54)のキャリーバッグからは死刑囚、麻原彰晃(57)=本名・松本智津夫=への帰依をうかがわせるものが複数見つかった。世界を震撼(しんかん)させたテロ事件を起こしてから17年。教団は「アレフ」と「ひかりの輪」に分派し存続している。信者数は計約1500人(公安調査庁調べ)に上る。
 公安庁によると、主流派のアレフは「麻原回帰」を鮮明にし、平成23年1月には15年ぶりに麻原への絶対的帰依を求める集中セミナーを再開。同年3月の東日本大震災後は、幹部が震災被害を引き合いに出し「グル(尊師=麻原)に信も帰依もない弟子は死ぬ」と信者を指導した。
 脱麻原を強調するひかりの輪も、麻原のイニシエーション(秘儀伝授)を少し変化させた儀式を実施するなど、麻原の影響から解き放たれたとは言い難い。

 ▼修行と神秘求め
 両派の新規信者数は増えている。公安庁の調べでは21年から100人台で推移し、23年は213人と22年から倍増した。
 「事件から長い年月が過ぎ、若者がオウムを知らない、ピンとこないという背景がある。スピリチュアルブームが続き、若者は修行と神秘を求めている。両派はその両方を与えてくれる」。宗教学者、島田裕巳(58)は新規信者増をこう分析する。国学院大教授(宗教社会学)、井上順孝(64)は「なぜゼロにならないかを問題視すべきだ。あれだけ危険信号が発信されているのに届いていないのか。通常の宗教では得られないものがあるのだろう」と指摘する。
 「格差社会」「若者の貧困」…。こうしたキーワードが定着して久しい。今年3月時点での生活保護受給者は210万人を突破し、過去最多を更新している。日本社会全体に閉塞(へいそく)感が漂っていることも、オウムにつけ入る隙をあたえているといえる。

 ▼原因解明不十分
 一連のオウム事件の裁判は、今年逮捕された特別手配容疑者3人を除くと、23年12月までにすべて終わった。だが、裁判を終えても「背景や要因について十分に解明できていない」という声は根強い。
 被害者や遺族が精神的、身体的な苦痛に悩まされている現状もある。18年には賠償金の受け皿となるオウム真理教犯罪被害者支援機構が発足したが、アレフは支払いに応じていない。
 アレフをめぐっては、5月30日、信者らが滋賀県警に逮捕される事件も起きている。会員制交流サイト(SNS)で知り合った男性に対し、ヨガ教室と偽って教団に入会させようとして入会金をだまし取った詐欺容疑だ。
 公安当局は特にアレフについて「殺人を勧める危険な考えを維持している」とみている。地下鉄サリン事件をはじめ、凶悪事件に手を染めてなお、反社会的な危険性を帯びていることの証左といえる。
 高橋が逮捕された15日、地下鉄サリン事件で重症となり、後遺症に苦しんでいる男性は、被害対策弁護団にメールを送った。
 「オウムは名前を変え、今でも活動している。事件は全く終わっていない」
 高橋ら特別手配容疑者3人が捕まった節目の年に、もう一度、社会が厳しい目でオウム事件を見つめ直さなければいけない。(敬称、呼称略)

« 金融ユダヤ人と電通に統制された下衆マスコミの懲りない「小沢一郎ネガキャン」~小沢一郎夫人が支援者に「離婚しました」 | トップページ | richardkoshimizu's blogより転載 ~ 生活保護費不正受給と受給者の宗教の関係を明らかにせよ »

CFR/ユダヤ金融悪魔/金融ユダヤ人」カテゴリの記事

ZIONISM / New World Order / N.W.O.」カテゴリの記事

アメリカ」カテゴリの記事

イスラエル」カテゴリの記事

カルト」カテゴリの記事

テロ」カテゴリの記事

ネオコン/ネオリベ」カテゴリの記事

マイノリティ」カテゴリの記事

マスコミ/報道」カテゴリの記事

似非右翼/統一教会的保守/親米保守/ホモ右翼」カテゴリの記事

北朝鮮」カテゴリの記事

宗教」カテゴリの記事

日本政治」カテゴリの記事

軍事/戦争/領土「問題」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1509344/45716617

この記事へのトラックバック一覧です: 「オウム残党」「アレフ」の「増殖」=統一教会奴隷・創価学会奴隷が送り込まれているということ:

« 金融ユダヤ人と電通に統制された下衆マスコミの懲りない「小沢一郎ネガキャン」~小沢一郎夫人が支援者に「離婚しました」 | トップページ | richardkoshimizu's blogより転載 ~ 生活保護費不正受給と受給者の宗教の関係を明らかにせよ »